以前からちょっと気になってた「祈りの幕が下りる時」を観賞しました・・・

 

阿部寛主演、東野圭吾原作の「加賀恭一郎シリーズ」第10作という事で、共演は

松嶋菜々子。

 

なんとなく期待できそうな予感で観賞しましたが、この作品は邦画ながらなかなか

いい出来と思います。

 

レビューを見ると「砂の器」とありますが、リスペクトの思いを込めた作品かも・

・・?

 

休日に映画館だけの目的で出かけるのは少々、億劫で仕事帰りにぴったりの開始

時間の「オーシャンズ8」をIMAXで観てきました・・・

 

もっと強力な作品を上映中という事で、他に追いやられIMAX館ではありませんが。

 

「オーシャンズ11」の女性版ですがここ二日ほど夜中に目が覚め寝不足と体調に

不安があったのが的中し、中盤の大泥棒への仕込み中は睡魔との闘いで・・・

 

何分か? 数十分か? 記憶が定かではない(;^_^A   


サンドラ・ブロック、ケイト・ブランシェットといい歳の取り方をしていますね。
もちろん実物にはお会いした事がないので、どうやって美貌を維持してるのかは

知りませんが・・・

 

アン・ハサウェイもただのお馬鹿モデル役では無い様で?

ドルビーアトモス+ビジョン作品なのでUHD-BDで観直したいと思います。

 

 

howl.jpg

 

金曜日に「ハウルの動く城」をTVでやってたけど、そう言えばこの作品ちゃんと

観てない・・・

 

TVではじっくり観る気になれないしという事で、Amazonから届いたのは海外版

BD+DVDで2千円台。

日本アニメなのでオリジナル音声は当然、日本語と問題無いく音響はdts-HD Masuter

Audio、映像は残念ながらこの作品にはMGVCが無かったか?

 

折角のパナのプレーヤーだけど、国内版でもジブリBoxセットで以外は用意されて

無い様な・・・

 

まぁ、TVで観るよりはいいかも?  セットアップが進んだ所為か、音響はなかなか

楽しめました。

hivi.jpg

 

表紙のイラストはイマイチ似てない気がするけど、ちょっと本人より若いかな?

 

目立った新製品もないので、目ぼしい記事は?ですが「はじめよう、高音質」と

初心に帰った様な記事です。

 

やはり新製品はお盆明けの発表でしょうか・・・

エプソンのハイエンドモデルEH-LS10500がメーカーサイトで
在庫限りの標示になっていますが・・・

 

次のモデルの発表は近いんでしょうか?

 

追記

 

EH-LS11000がネイティブ4Kパネルで出て来る様です?

 

今年2月に公開されたばかりのブルースリー映画ですが、没後約45年にもなろうと

いうのに人気は衰えませんね・・・

 

門外不出のカンフーをアメリカで教えるブルースに、刺客が送られて結果は彼の圧勝

だったのは有名ですが、今回は少林寺にも花を持たせた内容です。

 

ブルースの技のスピードや切れ体のしなやかさなど今の俳優さんには望むべくもあり

ませんが中国にもこういう役のできる格闘家はもういないという事で仕方ないでしょう。

 

と言いながらつい観てしまいますが・・・

 

 

この作品はドルビーアトモスですが久々に比較的、近場のIMAXです・・・

 

エグゼクティブシートのど真ん中でゆったりとと言うかIMAXには何年も

通ってるのにシートがリクライニングするのを知りませんでした(;^_^A


ややガタつくので、もしやと思ったら小さなレバーがありました・・・

 

肝心の映画の方ですが個人の見解ですとお断りしても非常にお薦めで面白い。

効果音(音楽)の使い方がシーンを盛り上げ、迫力やテンポも良くて最近では

ベストか?

 

IMAX仕様の音声ですがUHD-BDのアトモス版で、この迫力のまま再現できたら

楽しいソフトになりそうです。

 

 

暑くて映画館まで出かける気力がなく「ジュマンジ・供廚魎僂泙靴拭ΑΑ

 

静かなシーンと賑やかなシーンでかなり差のある音作りですが、リアルさを

狙う作品でもないし序盤からゲームを予感させるようなBGMを使ってもいい

気がします。

 

もっとゲームっぽさに徹しても良かったのでは? 音響もワクワクハラハラさせる

様な音(音楽)で盛り上げた方がというか個人的にはイマイチ面白くない

 

UHDではなかなかこれはと言った作品に出会えませんね。

IMG_2113.JPG

 

前作「ジュマンジ」は22年余り前のDVDの時代、主演のロビン・ウィリアムズは

2014年に亡くなっていますね。   イベントではかなり使われたソフトでした。

 

この新しいジュマンジは予告編では面白そうでしたが? さてどうでしょうか・・・
前作の続きと言う設定ですね。3D版もある様ですがBD+UHD-BDの国内版です。

 

音響はドルビーアトモス。マルチポイント測定の音場補正で現状ではほぼ完璧に近い

仕上がり?のサラウンド再生が楽しみです。

 

腰が思う様に回復せずに放置してるブログですが、どうにか手を付ける気に

なるところまで持ち直しました。

 

ypao.JPG

 

2年前の4月に購入のCX-A5100ですが音場補正のマルチポイント測定は

面倒だからと一度も使ってなくて、視聴位置の1ポイントで計測しマニュアル

で微調整するだけで済ませていました。

 

zu.JPG

 

折角の64ビット処理の「YPAO」をフルに使わないとという事でマルチポイント

測定を開始しました・・・


ところがいつもと勝手が違い、いまいち理解してない。 何度か中断してはやり直し、

なんとか8ポイントの測定を終了。

 

これだけ測定個所を増やせば、さすがに緻密な処理が可能な様でマニュアルでの

微調整は不要な様・・・

 

デモディスクでこれまで「リーフ」がぐるりと旋回するシーンで一部、音像が不鮮明に

なっていたところも改善され鮮明な軌跡を描いて旋回し空間の広さも増した感じです

・・・

手を抜かないでマルチポイント測定は使うべきですね。  今頃、遅いか?(;^_^A)


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM