スクリーン.jpg

 

9月にモニターオーディオを入れた時に貼り直したばかりですが、壁へ貼り込んだシネスコ

スクリーンに弛みが目立つ様になって見てみぬふりも限界になりついに手を付けました・・・

 

貼り込みと言ってもガムテープで引っ張ってテンションをかけ、周りを固定してるだけなので

すぐに伸縮で弛んでしまいます。

 

今回はマスク裏側に幅広両面テープ(粘着力はそれほどでもない)を入れたので、しばらくは

もってくれると思います。

 

次回はスナップフレームにしたいです・・・ね?

 

 

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 19:39
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
ふえやっこだいさん

天面にもツィーターが付いてるのは知りませんでした。
広い指向性には効果がありそうですね・・・
スピーカーは迷いました。プロジェクターと同じで
すべてが良いわけではなくそれぞれに長所と短所が
あります。

はじめは綺麗な音がするELACでした。しかし指向性が
かなり狭く、ゴロゴロして見るには向いていないので
諦めました。

次にDALI。EPICONを目指しましたがマルチでそろえると
莫大なお金がかかるので、惜しかったですが断念。

次ぎにクリプトン。視聴で繊細さが飛び抜けていま
したが、あまりに低音が厳しく映画には向いてません。

雑誌で評判が良かったのでイクリプスを視聴しましたが
やはり低音と高音のレンジが狭かったです。

モニオはハイコスパのシルバーのブックを検討した事
がありますが、なぜ対象から外したか記憶がありません。

yamahaのsoavo。デザインは好きでアンプがヤマハなので
相性が良いと思いますが、世間の評判がイマイチで
今までがヤマハだったので今回はやめようと。

B&WのCM9。あのカクカクしたのはどうにも好きでなく
設置が難しそうと言うことでパス。805は価格的に無理。

最後に残ったのがソナスのVENEREとソニーのES。
ソナスを視聴して非常に心地良かったですが、高音の
伸びがなく音楽向き。

結局、欠点が少ない、レンジと指向性が広くゴロゴロ
出来るソニーと言う、消極的選択になりました。海外
では評価が高く日本の2倍の価格と言うコスパも気に
入りました。

音の特徴は非常に細かく滑らかで高級シルクを素肌に
まとった感じです。音がぶつかってくるようなアタック
感はないですが、高音は伸びるのに刺さりません。

音がスピーカーから出て駆け巡ると言うよりも、音の
ミストがスッと部屋に拡散して満たされる感じです。
麻倉先生曰く「音に足が生えてる」。

派手な効果音は向きませんが、背景の自然音の再生が
非常にナチュラルで、長時間の聞き疲れがありません。

音楽や音響にエネルギーやクセを求める人には向かない
と思います。

  • ふえやっこだい
  • 2017/12/21 17:40
ふえやっこだいさん

フレームを作ったり、穴に付けるリングなど加工すれば
可能ですが結構、大変ですね・・・

今回は両面テープが入ったので、きれいに仕上がって
います。
そのうち買い換えると思うので、もうこれ以上は手をかけ
無いつもりです。

お部屋拝見しました。広くってSONYのSPも高級感があって
良さそうですね。
うちのOSの張り込みカーブドは、縁に穴を開けて輪っかを
はめ込み、それにバネを引っかけて引っ張っています。
自作でも出来そうな気がします。



  • ふえやっこだい
  • 2017/12/21 11:14





   
この記事のトラックバックURL : http://zhivago.jugem.cc/trackback/2826

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM