腰痛の痛みは無いもののまだ腰に張りがあって、油断をすると再発しそうな

感触を払拭出来ないので医者に行ってみました・・・

 

以前の医者の写真は小さく、無理やりこじつけた様な「脊柱管狭窄症」の診断

でしたが、症状からみてもこれは誤診だと思ってました。

 

今回の医者は丁寧に診てくれ、写真も大きいサイズで正面と左右斜め横からの

3カット撮りました・・・

 

非常にきれいに写ってて素人でも分かり易い画像でしたが骨の歪みも無く、脊髄

の骨と骨の隙間も広く、潰れも無くて年齢には到底見えない申し分のない状態と

お墨付きがでました。

 

ピッキという異常音は筋肉の深いところにある細かい靭帯の1本が切れた音だろう

という事で、痛みで寝込んでも翌日にはケロッとしてるのは驚異的な回復力とか?

 

腰痛の起こったきっかけが整骨で背骨の両脇を力任せに押されたのが原因なので、

靭帯なら症状も納得できます。

 

という事で湿布薬のみもらってきました。時間があればマッサージに来てください

という事でしたが様子を見ながら行ってみます。

 


となると今度は丸3カ月、経っても回復しない「テニス肘」の方が気になるが・・・

 

 

  • 1970.01.01 Thursday
  • -
  • 14:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
モリヤンさん

脊髄には問題無くて靭帯損傷が原因でしたが
腰痛には変わりなくて腰が悪いと困りますね。
腰痛仲間ですね?どうかお大事に。
  • モリヤン
  • 2018/05/31 10:02





   
この記事のトラックバックURL : http://zhivago.jugem.cc/trackback/2919

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM