「アイルトン・セナ」生誕50年という事で、日本で
真っ先に公開されたこの映画、日比谷みゆき座まで
行ってきました。

セナが逝ったのは今から約16年前、34歳の時でした
・・・
日本でも圧倒的な人気で、歳は違うけど自分と同じ
3/21日生まれという事もあってセナのいた数年間は
自分の中でもF-1ブームでした。

セナがいなくなってからはF-1中継を見る事も滅多に
無くなってしまいました。

悲しい終わり方は避けられないので観るのが辛い
映画です。
16年も前の事なのに館内ではすすり泣く声が・・・
自分もちょっと堪えきれずにハンカチが必要でした。

車載カメラの映像からも彼の超人的なドライビング
テクニックが覗えます。

限定発売のLD Boxセットも当時は持っていたんですが
もう手元にありません。

写真は公開記念の入場者プレゼントでセナにちなんで
というか? レース観戦などに使える折りたたみの
クッションです。


すでに次のモデルも発表されている「BDP-83」
ですが生産終了のアナウンスで逆に欲しくなり
米アマゾンから購入しました。

タイミングがよかった様で注文時、約499ドル
が翌日からは急な値上がりを始めて、現在は
400ドルも高くなっています・・・

手に入らなくなると逆に欲しがる天邪鬼さんが
他にも居るという事でしょうか?

このモデルはNuforce仕様ではありませんがまあ
アナログ接続はしないのでこれでいいかなと
思います。

これ1台でBD、DVD、SACD、DVD-A、CDに対応して
PAL版の再生もOK、リージョンフリーです。

USBメモリーもOKですが対応音楽ファイルはどこ
まででしょうね?

ファームウエア・アップデートもネットで簡単に
終わりました。

取り説は紙質の厚い立派なもので英文ですがセット
アップも終わったし、まあ使い方に特に問題はない
でしょう・・・

映像チップはアンカーベイで設定はほとんどEDGEと
同じですね。
チラッと観た映像はなかなか高画質でしたが音は
どうでしょうか。 筐体は結構、高級感と重量が
あってこの辺はやはり再生専用機ですね。

結構、太目のHDMIケーブルと電源ケーブルがセット
されています。(どちらも使ってませんが・・・)

外箱はあっさりしたものですが内側の梱包などは
写真のようにきれいに収まっています。本体は
手提げ袋に入っており、2枚のテストディスクが付
いています。

PAL版でパソコンでしか観れなかった「デルタグッド
レム」のDVDもこれでようやく大画面で観れる様に
なりました。



写真の製品ですが固めのウレタンを巻いたものをビニール
レザーで覆ったものと思いますが?  TVでトレーナーが
使っているのを見て買ってみました。

一見、ただのポールですが使い方を検索すると実に多くの
ストレッチが可能です・・・

一番の目的は長時間の椅子での映画鑑賞などで背中が痛く
なる事の解消ですが、さて思惑どおりの効果があるでしょう
か?

といいながらまだあまり使ってません。あまり汗をかく様な
ものではないので寝る前でも大丈夫ですが・・・

日常生活の中で知らず知らずに歪んだ体の矯正にも効果的
だそう。



HiVi主催のEPSON「EH-R4000」視聴会に月島まで
行ってきました・・・

1時間以上も前に着き、余裕で会場まで大回りして
いたら、なんと上には上がいて3番手での到着でし
たが席はベストポジションで視る事ができました。

肝心の映像ですがTW4500でもうちの環境だと充分な
黒と思っていたのが更に漆黒。色、諧調とも情報量
が多く立体感や奥行きははるかに上でTW4500の映像
がフラットに見えてきました・・・

レンズメモリーでの200インチシネスコ投射でも問題
なく楽しめるパワーを持っています。

宇宙空間の黒と星とのコントラストが印象的でした
透過型では無理な映像ですね。

「Reflective HTPS」はシリコン基板の上に液晶と
反射層をのせた従来の反射型液晶「LCOS」と違って、
透過型高温ポリシリコンTFT液晶パネルの構造をベー
スに透明電極を反射電極に変更したものでエプソン
のこれまで培った独自技術を更に発展させたもの。

ネイティブコントラストは40,000:1でオートアイ
リス駆動時は1,000,000:1のコントラスト。LCOS勢
には脅威かも・・・?

 



今月もややフライング気味に仕入れてきたA&V2誌
ですがAV REVIEWには付録で「Net Audio Sampler」
のDVD ROMが付いています。

ネットワーク Audioはまだいまいちよく理解してま
せんが取りあえず「foobar」をダウンロード、パソ
コン上では再生可能になりました。

FLACファイルをUSBメモリーにコピー しましたが
「DSP-Z11」のネットオーディオ再生はFLACには対応
してません・・・

ネットワークプレーヤーのヤマハ「NP-S2000」は
「Z11」のネットワークボードがベースになってる
そうでFLACが追加され「Z7」からはFLAC対応のボード
になってる様ですね。

「Z11」で本格的にネットオーディオをやるにはまず
「NP-S2000」を買いなさいという事でしょうか?



「キルショット」

殺し屋アーマンド(ミッキー・ローク)は最後の仕事で
組織の女まで殺してしまい追われる身。チンピラのリッ
チー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)と組んで不動産
屋に押し入るが、たまたま居合わせたウェイン(トーマス
・ジェーン)を経営者と間違え、ウェインの別居中の妻
カーメン(ダイアン・レイン)にも目撃されてしまう。

ウェイン夫妻はFBIの証人保護プログラムで別人として
生活を始めるが・・・

ミッキー・ロークがネイティブ・アメリカンの非情な殺し
屋を演じてなかなか似合ってる? ジョセフ・ゴードン=
レヴィットがすぐに切れるチンピラ役。 
ミッキー・ロークの非情さだけが売りでもうひとつか?


「ヒットマンズ・レクイエム」

新人ヒットマン(コリン・ファレル)とベテランのケン
(ブレンダン・グリーソン)は仕事のほとぼりが冷める
までベルギーの古都ブルージュで待機するよう命じられる。

観光気分のケンをよそにレイは誤って子供を巻き添えに
したことに苦悩する・・・
そんな中、ケンにボスのハリー(レイフ・ファインズ)から
事故とはいえ無関係な子供を殺したレイを始末せよという
指令が下されるが・・・

日本では劇場未公開でこちらはお薦めです。

「ヒットマン」を扱ったものが2本続きましたがもう1本は
密室サスペンスのヒット作です。

「ロフト」

08年ベルギー。建築家のビンセント、その友人のマルニクス
、ルク、精神科医のクリス、クリスの義弟のフィリップは、
新築マンション最上階にあるロフトルームを情事部屋として
共有していた。
ある日、ルクが部屋に入ると、ベッドに手錠でつながれ血ま
みれの女性死体が・・・ 慌てて部屋に集まった5人は、互い
のアリバイを探りながら犯人探しと死体に工作を始めるが
思わぬ展開はさらに二転、三転し・・・

お互い疑心暗鬼で先の展開が読めないサスペンスに仕上がって
いました。

 


 

結構、長い間うちのBD再生のメイン機になっていた
「DVD-2500BT」、一般には配布のなかった最新ファ
ームのアップデートまで受けていましたがDMR-BW680
を使う様になって、ますます読み込みの遅さが我慢
出来なくなり、とうとう出番がなくなりました。

結局、オークションで島根の方へ嫁いで行きました。

で代わりの機種は遠くからやってくるのでちょっと
時間がかかりそうです・・・ 

キャベツ1個が800円になんて記事が出ていましたが
今日は近所のスーパーでキャベツと砂糖を各100円で
販売するとか・・・

先着150名くらいだそうで奥様は用事で行けないので
代わりに行ってと仰せつかりました。

スーパーなんて男の行くところじゃないよ・・・と
思いながらしぶしぶ出かけました。

予報では今日は夕方まで雨、そこは強度の晴れ男?
という事で大して心配もしてなかったけど予想通り
雨はあがりました。

9時30分オープンで10分ほど遅れて到着、店の前には
自転車があふれ、店内の通路はレジに向かう人であふれ
かえり長蛇の列。

目的の場所が見える位置まで移動したときにはもう何も
ありません・・・ 開店とほぼ同時に売り切れたそうで
そもそも150名じゃ無理でしょう・・・?

徒労に終わっただけで収穫なし・・・だから行きたく
なかったのに。 



以前、マイミクさんの日記で紹介され応募していた
平城京ミステリークエスト「朱都の記憶」が届きま
した。

文庫本の大きさを考えていたので「はがきサイズ」
は意外で何が届いたのかと思いました・・・?

そういえば表紙がマイミクさんの写真とちょっと
違っています。

ミステリーを読むのは久しぶりですが、なかなか楽
しく読めました。

ただこれだけでは犯人を特定する根拠が乏しいので
奈良まで行きたいけど時間もお金もありません。

現地のヒントも決定的なものではないと書かれて
いましたがちょっと気になりますね。

そのうちTVドラマになりそうな気もしますが・・・
キャストが重要です。

 



首を長くして待っていた?「ステレオサウンド社」
からの招待状が届きました。

エプソンのフラッグシッププロジェクター「EH-
R4000」のお披露目です。

いい席が確保できるといいのですが・・・

ちなみに回は2回目の方にしました。


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    管理人
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    モリヤン
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    管理人
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    アオイトラクター
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    管理人
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    モリヤン
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    管理人
  • 「キャプテン・マーベル」観てきましたが・・・
    アオイトラクター
  • 「更新の気力が・・・」
    管理人
  • 「更新の気力が・・・」
    アオイトラクター

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM