三菱SXRD 3Dプロジェクター「MODEL-X」の視聴会へ
行って来ました。 

ソニーから?デバイスの供給をうけ三菱オリジナルの
機体に載せてチューニングを施したものでかなり大型
の筐体でまだ追い込み中の試作品、赤の発色がかなり
派手でこれはサンシャインのシュートアウトまでには
改善されるそう。

3Dのエミッター信号はスクリーンに反射させてメガネ
で拾うタイプ。 スクリーンゲインが低いと反射も
弱くなるそうだがメガネ自体がかなり暗いので3Dには
高ゲインのスクリーンは必需品と思われる。

3Dの効かせ具合は日本は控えめで、米国はかなり強調と
この辺もお国柄があるらしい・・・

メガネの方式としてはパナと共通で互換性があるとの事。
メーカーによってメガネも方式が違う訳だがモンスター
ケーブルから掟破りの「全方式OK」のメガネも出る様で
・・・?

 

最初に3Dで三作品ほど観たが、個人的には何度観ても
「3Dは実体感のない立体」としか言えない・・・。
各メーカーの技術者は本当にこんな3Dで満足している
のだろうか? 世界的に3Dへの流れは変わらないそう
だけど・・・
 
メガネが邪魔、暗い、シャッターの切り替えのチラツキ
が目の隅にみえる、クロストークがある、視線の移動で
一瞬同期がずれる、目が疲れるなどなどまったくいいと
思わないが来年早々には40タイトルほどの3Dソフトが出
るとの事で視聴位置はTVの距離にあわせてあり、スクリ
ーンではない・・・


3Dはともかく2Dの方は試作機とはいえ黒のしまりや全体
の絵作りはなかなかいい。
三管の映像に近づけたという事でカチッとした感じでは
なくやや柔らかいフィルムぽいテイストになっている。

ブレを残した倍速駆動が映画用になかなかいい、ビデオ
用のブレをなくしたモードも用意されて横方向へ動く
字幕もかなりしっかり読めて窓の格子もちらつかずいい
利き具合に仕上がっている。

このほか古い邦画用に色温度6000ケルビンも用意されて
完成が楽しみなプロジェクターの1台です。

今年、購入予定の方は選択肢が多くて楽しみですね? 



以前、HDMIセレクターで使い物にならなかった事が
あったのに懲りずにまた買ってみました。

4系統の入力を2台のTVなどに出力できるというもので
DSD出力にも対応しています。

DVDO EDGEがDSDには対応していないのでSACD再生時は
ケーブルの繋ぎ替えをしていますが少し楽をしようと
いう魂胆でした・・・

EDGE自体がセレクターなのでその前にセレクターを
入れると言うのはどうかと思いましたが、案の定
EDGEと相性が悪い様で映像、音声どちらもでません。

DSD信号は出力されており、音も出ますが不安定・・・

EDGE経由しないで、直に繋いでみました。
リセットするたびに映像が出たり、音声だけだったり
と製品自体の動作がどうも不安定で、隣の国で作った
製品なのでこんなものか・・・?

パッシブタイプの単純なスイッチ切り替えの方が良か
ったかも知れません。

もう少しチェックしてみますが燃えないゴミになりそう。



地球に不可欠なエネルギー源を採掘するという仕事に
従事する為、一人で月へと旅立った宇宙飛行士が、
あるアクシデントを境に不可解な現象の数々に苛まれて
いくさまをサスペンスフルに描いたSFミステリー。


という事でしたが思わず「2001年宇宙の旅」のHALを
連想してしまいました。今回はさて・・・

将来、こういう事が起こるのもあり得るかも?
ちょっと悲惨ですが・・・

月にたった一人の主人公の唯一の相棒(コンピューター)
の声を「ケビン・スペーシー」がやってたのにはまったく
気付きませんでした。



屋根の上のアンテナはまだアナログ地上波用の
ままで自分の部屋だけBSも地デジも入ってますが
当然、他の部屋はアナログのまま・・・

7月に買ったリビングのTVはまだ袋を被ったまま
で、アナログ停波にともなう特需?の影響から
街の電気屋さんに依頼したアンテナ工事にはまっ
たく来る気配がありません・・・

使用中のおんぼろTVはますます不調で、これ以上
待てなくなりました。

仕方なく自分の部屋の配線から分岐工事をやる事
にして、パーツを仕入れに行きました。

ケーブルと室内用分配器はもう一組あるので近所の
ヤマダ電機で写真の屋外用2分配器、分波器、室内
用3分配器を買ってきました・・・ ところが隙間
ケーブルが売り切れており在庫がありません。

エアコンのパイプの位置から引き込むとかなり長い
引き回しになるのと配管を隠すようにエアコンが
取り付けられてて配管が見えません。

TVの側の窓から隙間ケーブルを入れるのが一番簡単
な様で、出かけたら買ってくるか・・・

ブログ名が「ジバゴの風とサイフォン」に変わり
ました。
前タイトルの「続・気まぐれ・・・」そのままに
まったくの気まぐれでタイトルを変更しました・・・

映画通の皆さんならお分かりの様にショーン・
コネリー、キャンディス・バーゲン共演の
「あなたは風のごとく、私はライオンのごとし」
が印象的なあの作品に引っ掛けたものです。


追記

ついでに書くとこれはコーヒーを飲んでる時に
ふと思いついたもので・・・

「風とライオン」・・・「風とサイフォン」?

1日に少なくとも2杯は飲むコーヒーですが、いつも
手間のかからないドリップ。以前からサイフォンで
淹れたコーヒーをゆったり ・・・と思いながら
実現しないままでそんな気分の余裕が欲しいですね。



最初に前回の訂正から「USBメモリー」ですが音楽
ファィルには対応してません・・・
LAN接続での音楽再生にも対応してない様でアップ
デートとかBD LIVE用の様です。個人的にはあまり
必要性もないのでOKですが・・・


BD再生は映像、音声ともほぼ不満のないレベルで
DVDはソフトの質次第ですね・・・基本的にBDが
メインなので充分です。

CDはやや音の厚みが薄い様な?気もしますが結構
いいと思います・・・(それほど聴き込んでませんが)

DVD-Aはソフトを他人にあげてしまったので聴けて
ません。「イーグルス」はプレミア付きで販売されて
いる様で後の祭りですね・・・

肝心のSACDですがDSD出力で音が出ない・・・「Z11」
は対応してるので犯人は「EDGE」? という事でOPPO
「BDP-83」がセパレート出力でないのが癪ですが
次のモデルは映像、音声セパレート出力ですね。

で「Z11」には「EDGE」からのHDMI音声しか入れてない
のでもう1本HDMIケーブルを繋ぎ放しにしてSACD再生時
は「BDP-83」と直結にする事にして無事、DSD出力OKに
なりました。

PCMに比べDSDは音の静寂感や余韻などかなり差がでて
ケーブル繋ぎ替えの価値は充分あります。

数社のチューニングベースとして使われている事でも
分かる様に「oppo」は基本性能がかなり高いレベルで
まとまっており、お買い得感の高い製品です。


 



「アイルトン・セナ」生誕50年という事で、日本で
真っ先に公開されたこの映画、日比谷みゆき座まで
行ってきました。

セナが逝ったのは今から約16年前、34歳の時でした
・・・
日本でも圧倒的な人気で、歳は違うけど自分と同じ
3/21日生まれという事もあってセナのいた数年間は
自分の中でもF-1ブームでした。

セナがいなくなってからはF-1中継を見る事も滅多に
無くなってしまいました。

悲しい終わり方は避けられないので観るのが辛い
映画です。
16年も前の事なのに館内ではすすり泣く声が・・・
自分もちょっと堪えきれずにハンカチが必要でした。

車載カメラの映像からも彼の超人的なドライビング
テクニックが覗えます。

限定発売のLD Boxセットも当時は持っていたんですが
もう手元にありません。

写真は公開記念の入場者プレゼントでセナにちなんで
というか? レース観戦などに使える折りたたみの
クッションです。


すでに次のモデルも発表されている「BDP-83」
ですが生産終了のアナウンスで逆に欲しくなり
米アマゾンから購入しました。

タイミングがよかった様で注文時、約499ドル
が翌日からは急な値上がりを始めて、現在は
400ドルも高くなっています・・・

手に入らなくなると逆に欲しがる天邪鬼さんが
他にも居るという事でしょうか?

このモデルはNuforce仕様ではありませんがまあ
アナログ接続はしないのでこれでいいかなと
思います。

これ1台でBD、DVD、SACD、DVD-A、CDに対応して
PAL版の再生もOK、リージョンフリーです。

USBメモリーもOKですが対応音楽ファイルはどこ
まででしょうね?

ファームウエア・アップデートもネットで簡単に
終わりました。

取り説は紙質の厚い立派なもので英文ですがセット
アップも終わったし、まあ使い方に特に問題はない
でしょう・・・

映像チップはアンカーベイで設定はほとんどEDGEと
同じですね。
チラッと観た映像はなかなか高画質でしたが音は
どうでしょうか。 筐体は結構、高級感と重量が
あってこの辺はやはり再生専用機ですね。

結構、太目のHDMIケーブルと電源ケーブルがセット
されています。(どちらも使ってませんが・・・)

外箱はあっさりしたものですが内側の梱包などは
写真のようにきれいに収まっています。本体は
手提げ袋に入っており、2枚のテストディスクが付
いています。

PAL版でパソコンでしか観れなかった「デルタグッド
レム」のDVDもこれでようやく大画面で観れる様に
なりました。



写真の製品ですが固めのウレタンを巻いたものをビニール
レザーで覆ったものと思いますが?  TVでトレーナーが
使っているのを見て買ってみました。

一見、ただのポールですが使い方を検索すると実に多くの
ストレッチが可能です・・・

一番の目的は長時間の椅子での映画鑑賞などで背中が痛く
なる事の解消ですが、さて思惑どおりの効果があるでしょう
か?

といいながらまだあまり使ってません。あまり汗をかく様な
ものではないので寝る前でも大丈夫ですが・・・

日常生活の中で知らず知らずに歪んだ体の矯正にも効果的
だそう。



HiVi主催のEPSON「EH-R4000」視聴会に月島まで
行ってきました・・・

1時間以上も前に着き、余裕で会場まで大回りして
いたら、なんと上には上がいて3番手での到着でし
たが席はベストポジションで視る事ができました。

肝心の映像ですがTW4500でもうちの環境だと充分な
黒と思っていたのが更に漆黒。色、諧調とも情報量
が多く立体感や奥行きははるかに上でTW4500の映像
がフラットに見えてきました・・・

レンズメモリーでの200インチシネスコ投射でも問題
なく楽しめるパワーを持っています。

宇宙空間の黒と星とのコントラストが印象的でした
透過型では無理な映像ですね。

「Reflective HTPS」はシリコン基板の上に液晶と
反射層をのせた従来の反射型液晶「LCOS」と違って、
透過型高温ポリシリコンTFT液晶パネルの構造をベー
スに透明電極を反射電極に変更したものでエプソン
のこれまで培った独自技術を更に発展させたもの。

ネイティブコントラストは40,000:1でオートアイ
リス駆動時は1,000,000:1のコントラスト。LCOS勢
には脅威かも・・・?

 


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM