昨年、買った4K UHDソフトの日本語字幕無しはすべて処分して必要なものは

日本版に買い替えたが「ウォークラフト」は買い直す程でもないのでAmazon

の配信でサラッと観ておこうと399円でDLした・・・

 

ところがなぜか2/3程、観賞した辺りでフリーズし全く反応しなくなった。ネット

環境は光ギガビットの有線接続で再生機器はDMR-UBZ1。音声用HDMIの仕様が

古いのは2/3まで普通に再生してたので関係ないだろう・・・?

 

すべて再起動後はフリーズは解消されたが今度は音声が最後まで途切れ途切れで

Amazonからは代金の返金があったがUBZ1とAmazonアプリの最新版へのアップ

デートの依頼があった。

 

UBZ1のファームは最新で次のリリースはまだアナウンスがない。Amazonアプリ

は未確認で一通り検証が終わったら再度、DLしてみてくれという事だが・・・

 

治らなければネット環境の機器名まで教えてくれというメールがあった。 時間が

自由に取れないのでやっかいだが、UBZ1のファームは新しいものがリリースされ

る筈でいつになるのやら?

 

今季最強寒波ですか寒いですね。初詣に行きたいところだけど
この寒さで人ごみに出かけて、風邪をひきなおしてもと引き籠り
です。

 

今月はAV REVIEWの方が午前中に届き、HiViも本日中の予定ですが
まだ届きません・・・ 今回は個人的にはいつもよりも読み
どころが多い様な?HiViが来ないと比較はできませんがまだ来ませんね。

 

アマゾンの配信を観てたらフリーズして全く反応しなくなり一旦
電源を落としていますが復帰するのやら?

 

 

新しいスープラのHDMIケーブルを90℃で5分湯煎したついでに、音質
チェックもしてみました。

 

音源はハイレゾ192kHz24bitの「ホテル カルフォルニア」ですがHDMI
での再生です。


 

まずパナの一般的なプライスの4K 18Gbps伝送HDMIケーブル ver.2.0

 

一聴して音の伸びが無い。上も下も伸びず、低音は軽く高域も伸びず
音楽が楽しくない。 やはりTV用の一般向けケーブル?

 

 

サエク SH-1010 平成20年発売とかなり古くver.1.3

 

パナに比べると出しからギターの響きが違う。上も下もしっかり出るし
音楽を聴くのに大きな不満は出ないと思うが今となってはやや古めの音
づくりか? 解像度志向の音では無い様な・・・

 

 

スープラ 4K2Kまで10.2Gbps

 

前の型の印象からか大人しいイメージだったがサエクから刺激的な部分
だけ削ぎ落とした様な、それでも上下ともバランスのいい音で大音量派
は聴き疲れなく長時間音楽を楽しめそうで予想以上にいい感じ・・・
これはこれでいいかも

 

 

モンスター 4K60Pを凌駕して27Gbps伝送で8Kまで対応

 

このケーブル現状、うちでは一番、使ってる(映像用)のに、チラッと聴い
ただけでなんとなくハイ寄りの印象を持っていたが・・・

上が出るだけではなく下もバランスよく出るし何よりも解像感の高い、他
よりもやや華やかというか他が地味に聴こえる様な音を聴かせる。映像だけ
と思っていたがもしかしたら一番好みの音かもしれない?

 

HDMIの表裏写真は形状こそ変えようが無いがモンスターは裏表に抜け難い
工夫がなされている。


いつもチラッと聴くだけでじっくり試聴する事はあまりないがこれは改め
ないと・・・
使う機器の音の癖に応じて使い分けるのがよさそうですね。

 

エイムとかワイヤーなどの高価なケーブルもあるが良くて当たり前、個人的
には機器の価格の2割までが妥当な配分と考えます。
ご使用の機器より高いケーブルなど本末転倒もいいところでは・・・?

 

 

 

使い勝手や比較視聴の為、一時的にシングル出しのアVアンプ経由〜プロジェクターと

いう配線になってたHDMI接続ですがすべて映像・音声分離出力の2本出しに戻しました。

 

プロジェクターの端子が埋まってしまいAVアンプからの情報は色差で入れる事なった。

 

映像にはモンスターケーブルのMC BPL UHD-4FT 27Gbps伝送 8Kまで対応を使ってい

ますがこのケーブルの音は悪くはないけどやや腰高・・・?

 

音声用は最新規格は関係ないのでSAEC SH-1010を1本使っているが音声ケーブルが足り

ない。  パナの4K18Gbps伝送のHDMIケーブルは何本も余ってるが・・・

 

SONYのDCL-9150ESも一度、使ってみたいがまたまた最新規格も決まったし規格の古い

高価なケーブルを今更、買うのもなんなのでSAEC SUPRA HD5にした.

 

こちらも最新規格ではないが音声専用なら問題ないでしょう・・・

 

 

追記

 

映像はすべて4K60P対応のスイッチャーを使いプロジェクターは入力1のみで、スイッチ

ャー切り替えに変更しました。

色差ケーブルは出番無し、AVアンプの情報はパナの4K HDMIケーブルでスイッチャーへ

接続になりました。

 

 

 

まだ具体的な日程も仕様も決まって無い様だが高品質を要求する日本には

UBP-X800よりもUBP-X1000ESのジャパン仕様も検討されている様でこれは

歓迎?

 

各社、フラッグシップモデルの競合という事になればこれは楽しみだが・・・

 

設定や取説を見ても解決しなかったアナログ出力ですが、再生中に緑
ボタン(ハイクラリティ・サウンド)を押す事でデジタルからアナログ
に切り替わる様です。

 

と言う事で真空管サウンドはOFF、ハイクラリティ・サウンドONの設定
に落ち着きました・・・

 

再生音の印象はBDP-LX88と比較するまでもなく「軽い」、背景の楽器の
粒立ちも弱く全体に音の厚みが薄く感じられやや重心も腰高で力強さが
足りない?

 

USBパワーコンディショナーを使うと粒立ちは幾分、解消されますが専用
機と複合機の差は結構、大きい様です。

 

一応、比較視聴は終わったのでバランスケーブルは外しました。うちでは
4K UHDプレーヤーとしてだけで充分な様です。


UHD再生機とレコーダーとしての映像品位はなかなかの様ですが録画機能
抜きで気合いの入ったプレーヤーを出して貰いたいものですね。

 

パイオニアからも単体でUSBコンディショナー(6,000円程度)が出てるので、
他にも使ってみましょうか・・・
ノイズ改善効果で埋もれてたものが少し出て来る様な?

 

 

 

写真の様に「DMR-UBZ1」もバランス接続してみましたが・・・

 

本体の「画面表示」がHDMIとNETを行ったり来たりで、音声が
ブツブツ途切れます。

CDでもHDMIとMUSICを行ったり来たりと全く同じ症状で、バラ
ンス出力は何か切り替えが必要なのかも知れません・・・

 

取説をDLして確認しないとちょっとダメな様です。アトモス音声
は副音声OFFで解決しました。

 


「BDP-LX88」でBDの「死霊館エンフィールド事件」をようやく
観賞しました・・・

この作品はほとんど予備知識がない初見で、こうなると一人での
大音量観賞はやはりかなり怖いですね。

 

「UBZ1」とアップコン4Kの比較ではどちらもほとんど文句のない
画質ですが微妙なディティールの再現で「LX88」の方がやや上、
暗部の引き込みも「UBZ1」の方がやや早く潰れる様です。

 

条件的には「UBZ1」は映像、音声分離出力で「LX88」はシングル出し
と前者の方がやや有利の筈ですが、真空管サウンド、ハイクラリティ・
サウンドとかいろいろあってまだこれがいいというところまで行って
ません。

 

アンプの設定を見たりとかにセパレート出力はやや面倒で、シングル
出しのアンプ経由で統一でもいいかなとも思いますが、比較にはその
の方が便利ですね。

 


CX-A5100の新音場モード「Enhanced」ですが高い位置の音がクリアに
なって移動感もはっきりして、アトモス音声の「エンフィールド」には
ぴったりです。

 


長年、使ってきたカーペットが大分くたびれたので新調しました。赤
い柄物から紺1色になったので結構、イメージチェンジです。

 

掃除が大変なのでダイソンのコードレスも新調しました。これだとカー
ペットもしっかり吸ってくれるのでコロコロ粘着も不要の様です。

 

 

 

個人的にはこの手の作品は買いません 短時間ですが鑑賞した印象を・・・

 

はっきり言ってしまえば4Kの価値を感じない作品? 全体に解像感に乏しく

ただHDRを強調した様な眩しく発光するところばかりが目に付きます。

 

アニメ作品の場合は背景や素材の細部まで細かく描きこまれたものでないと

ただ平板で色がキレイキレイで終わってしまいますね・・・

 

「インディペンデンス・ディ」も同じく平板で諧調性が乏しく映像の立体感や

メリハリが欠けていましたがなんでも4Kならいいという訳ではありませんね。

 

リマスターの場合は特にこの辺のチェックが必要な様です。

 

こんなソフトで8000円以上のプライスを付けて1800円がいいとこです・・・

消費者をなめるな!!   自分では買ってませんが本当に怒りたくなります。

 

中旬と言われてた「フアームウエア」が本日からリリースになりました。

 

3060から採用された最新の映画系音場プログラム「Enhanced」の追加と

パラメトリックイコライザーの下限設定値が31.3Hzから15.6Hzに拡がり

低域の調整範囲が広くなったなど・・・

 

ドルビーアトモスを始めDTS:Xなどにマッチするモードで、今後はこれが

メインになるでしょう?

48Gbps伝送で8K/HDRの非圧縮伝送も可能

8K/60p、4K/120p、10K/60pに対応し

ダイナミック(可変)HDRもサポートとか・・・

 

これではどこまで行ってもきりが無いですね。

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 「スタートレック・ビヨンド・・・」4K UHD-BD国内版
    管理人
  • 「スタートレック・ビヨンド・・・」4K UHD-BD国内版
    HD105cinema
  • 「4K TVも安くなりましたね・・・」
    管理人
  • 「4K TVも安くなりましたね・・・」
    アオイトラクター
  • 「スタートレック・ビヨンド・・・」4K UHD-BD国内版
    管理人
  • 「スタートレック・ビヨンド・・・」4K UHD-BD国内版
    モリヤン
  • 「スノーホワイト・・・」4K UHD-BD
    管理人
  • 「スノーホワイト・・・」4K UHD-BD
    アオイトラクター
  • 「スノーホワイト・・・」4K UHD-BD
    管理人
  • 「スノーホワイト・・・」4K UHD-BD
    ふえやっこだい

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM