昨日の日中は終始、酷い咳が続き、相当の体力を消耗したものと思われるが

就眠中は全く咳も出ず、割と眠れた様で今日は咳も出ずだいぶ楽になった。

 

自分の場合、どこの医者で症状やいつもの特徴を伝えて調剤してもらっても

どうも薬が合わない様でほとんど効果がない・・・

 

むしろ市販薬で症状別の薬を買った方が効果が大きく、決まったものしか

合わない様だ。

 

という事でいつもの市販薬に切り替えた途端に症状は大幅に改善し始めた

社内の空調にも自分で手を出す事にした。 温度センサーの異常な人には

任せられない・・・

 

先週とおなじパターンで会社で喉を痛め、休日に回復してる。1シーズンに

何度も風邪をひくなんて滅多に無いが会社で風邪をひいてる有様で?

体調を壊してる原因は会社の空調です。  仕事が嫌だとか言う理由では無く

某社長のの空調管理がめちゃくちゃで社員に風邪をひかせてる張本人なのです。

 

出勤すると寒い日にはちゃんと暖房が入ってるのですが部屋が暖まりきらない

うちに切られてしまい、気温の上がらない午前中は寒い思いをします。

 

社長が糖尿持ちで超暑がりで挙げ句の果てに冷房まで入れます。 冷房はない

だろうと誰かが暖房に変えるとまたすぐに冷房に戻します。

 

これを繰り返すと「いたちごっこだから俺はもう空調にさわらない」とわざわざ

宣言して10分も経たないうちにまた弄ってる始末で、朝令暮改どころではあり

ません。

 

冷房を欲しがる機械もあって人間より機械が優先です。「俺が居ない間に暖房を

いれるんだから・・・」って、お前が言う台詞ではないだろう?正常な感覚で無い

人間が空調にさわるな!!

 

こんな調子で先週も木、金は喉が痛くて風邪気味、週末の休みでケロリと治った

けど今週も同じ症状で先週よりちょっと酷くなった・・・ 会社で体調を壊して

どうするんだ!!

昨年の2月に初めてやって年末になって再発した腰痛ですが、いずれも痛みは2日程で

収まったものの暮れの分はまだやや不安要素を残してる様で、不用意な動き(靴下を履

く時など)は腰の辺りがピキッと鳴ってヒヤリとします。

 

用心してベッドに寝たまま靴下をつま先に引っ掛ける様にして履いていますが・・・

通常は痛みもなく違和感のある時はコルセットを付けてれば平気ですがコルセットを

して無い日は夕方になると上半身が腰に食い込む様に腰が重くなります。

 

ただいつまでもこんなものを使ってられないし、筋力も落ちてしまうのでボチボチと

ネットを参考にストレッチを始めようと思い、今回は「ぎっくり腰の治し方」を参考

にしばらく続けてみようと思います。

 

片足を椅子に乗せて靴下を履くポーズが一番、悪い様でこのポーズは厳禁です。ピキッ

で済んだ時はいいのですが酷いとそのまま動けなくなります・・・

 

実は年末はこれで15分程、激痛で動けなかったのを休めばいいのを大掃除だけの日に

無理して出勤したのです・・・

おかげで翌日はベッドから降りた状態で動けなくなり家族の肩を借りてなんとかトイレ

に行く始末で、後はなんとか自力で動きましたが腰痛は本当に始末が悪いですね。

この時期、気になる新製品がありませんね・・・イベントも無いし

 

ソニーのUHDプレーヤーはもう少し早く出る様な噂もあったのに?
OPPOも高級機はまだ先の様で、うちの場合は本命はパイオニアで
パソコン用も発表したし開発中とは思うけど、こう次々に新規格が
出るとこれで万全ですと発表もしづらいかも・・・

 

HDMIケーブルの新規格2.1はいつから市場に出てくるのか? これに
伴いダイナミック(可変)HDRも出てくるのやら?

 

4Kだけでもこれが最終規格ですと決まってくれないと、作る側も振り
回されっぱなしで、追いかける方もいい加減疲れてしまう。

 

4K、8K放送は今のところ受信のみの様で、レコーダー文化も終わって
しまいそうな・・・?
配信もこれと言ったものが無いが放送は魅力的なコンテンツを揃えら
れるか? タイムシフト録画無しでは視聴者の確保も難しいのでは?


ソフトの方は「ローグワン」、「バイオハザード」共、映画館では大分
居眠りした様で発売を楽しみにしてるのだが・・・ 春先までは今の
ところ新作発売のテンポが悪いですね。


新作と言えば先日、買った「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・ク
イン役マーゴット・ロビーは「ターザン」のヒロインだったんですね。
これだけイメージを変えられるとまったく気づかずに観てました・・・

 

 

モリヤンさんと同じ様に利便性を重視してセレクターを使っていたが、数千円の
セレクターで画質にダメージ無く映像の伝送が出来る筈も無く、やはり4Kだけは
プロジェクター直結に戻した。

 

困るのはプロジェクターに2系統しかHDMI入力が無い事で、他の機器は必然的に
AVアンプ経由になる・・・
その為、分離出力を持つ機器も当面はシングル出しでの接続になった。

 

まあ、UHDプレーヤーをもう少し高級なものに替えるのは既定路線だし、プロジェ
クターも次の機種はもう少し使い勝ってもいいだろうと言う事で、当分はこれで行
くしか無いが・・・?

 

ディスクメディアも配信も4Kが主だし、LX88は音楽用アナログ出力がメインなので
まあ、それほど問題はない。 後継機が出れば主役の座を取り戻す事になるのは確定。


 

という事でセレクターを外して直結やらAVアンプ経由に変更したラック裏側の写真
だが極力整理してるつもりでも結構、ごちゃごちゃして見える?

 

今回、サエクのHDMIケーブルSH-1010は仕様が古くなったのでお役御免になった・・
・ そう言えばソニーストアでもDLC-9150ES/DLC-9240ESの取り扱い終了で新製品

にかわるのかも?


さてうちのLS10000はHDR非対応で買い替えも考えたが、下取り約30万+40万円以上
の出費はHDRだけでは買い替え動機が弱い・・・?

 

と言う事でLS10000の調整パラメーターを駆使して「疑似HDR」を作る事にし、あれ
これやってきたがほぼ弄れるところは弄ったと思うし、かなりいいセンまで来た様だ。

 

エプソンスーパーホワイトのお陰で白を思いきっり持ち上げても、白飛びは起きないし

レンズアイリスも効いてかなりギラギラ感も出せたと思う?


正月から体調を壊し1月は土曜休みもほとんど無くて全然、休んだ気がしなかったが
2月は土日の連休が多く、やっとゆっくりできそう・・・

 

HDR変換の仕上げも終わって、これで次の機種まで凌げそう・・・ かな?

 

 

本日、新ファーム・リリースの案内が有りましたが

DMR-UBZ1はいつなんでしょうね?

自分がTVモニターからプロジェクターへ切り替えた約20年前にはA&V誌も多数あって

HiVi誌などは今の倍位の厚みで広告ページも多くの会社が掲載されていた・・・

 

その後、次々に廃刊になりHiVI やAV REVIEWも現在の厚みになってしまった。広告を

載せてた会社自体の衰退もあるが業界自体の景気の方が気になってしまう・・・

 

イベントに行けば若い人の姿はまばらで自分を含め大部分が年配の人達で業界の将来を

不安に思うが4K、8Kにドルビーアトモス、DTS:XだAuro-3Dだと次々に新規格で一見、

華やかでも次に続く世代が居なければ何も成り立たないのでは・・・

 

今の若い世代は趣味に拘りが無いと聞くけど、携帯プレ−ヤーやインナーフォンがSP

で音楽を聴くという習慣を無くしてる一因かも・・・

 

うちの子供もよほど気が向いた時、以外は観せてくれ聴かせてくれとは言わないTVや

パソコンで済ませているし音や映像に拘りは全く無い。

 

自分がオーディオを始めた頃はステレオは若者の三種の神器のひとつの様にまず最初の

給料でステレオを手に入れてという時代だったが・・・

 

レコードプレーヤーのリバイバル?が、若い人の目を向けるきっかけになればと思うが

メーカーも業界も若い世代を取り込む努力をしないと先が続かないのでは?

 

相変わらず新作発売テンポの悪い4K UHD-BDですが海外版で日本語字幕
付きという事で、今回は「DVD Fantasium」からの購入です・・・
例によって米国版は4Kのみ日本語字幕で、BDには日本語はありません。


「スーサイド・スクワッド」は映画館の予告編から想像予想してたの
とはまるで違い、DCコミックと書かれているしこれもマーベルと関わ
ってくるんでしょうか? もうすでに少し関わってますが・・・


「インフェルノ 」は最近、映画館での居眠りが多いので、観落としも
あるかもと思いましたがちゃんと観てた様です。

 

ロバート・ラングドン教授のこのシリーズもすでに3作目。専門的過ぎて
観客が謎解きに参加できないながら、テンポよくハラハラドキドキと誰が
敵か味方かなど盛り込みながらどんでん返しまで用意するなどうまく作ら
れてると思います?

 

ヒロインのシエナは「ローグワン」のフェリシティ・ジョーンズ。

 

 

昨年の暮れ辺りから気づいていた壁に直貼りのシネスコスクリーンの弛み
腰の状態がイマイチで放置していましたがようやく手を付けてテンション
をかけ直し安心して鑑賞できるレベルまで戻りました。

 

 

 

 

「ドクター・ストレンジ IMAX 3D字幕版」の時間に仕事の都合上、間に
合わせるのが困難で今日は吹き替え版になってしまいました・・・
 
俳優の顔と声が一致しないという違和感はありますが、3Dで字幕の無い
事がこれほど映像を観易いとは思っていませんでした・・・
すでに3Dでは吹き替えしかやらない映画館もありますがこれはいいかも?

 

ただIMAXの大画面では許せても、自宅の100インチ程度のスクリーンでは
箱庭的でスケールが小さくなり、解像度も落ちる3Dなど個人的には観たく
ない・・・ 埃をかぶってるだけのメガネはいい加減に箱にしまいます。

 
主演のベネディクト・カンバーバッチは「エニグマ」でドイツ軍の暗号解析
の為に初期のコンピューターを開発した科学者を好演しており、イギリスの
誇る俳優の一人。 今回はガラリと変わってマーベルヒーローで、今後は
アベンジャーズの中心的な役割を担うとか・・・
 

公開したばかりとあって内容も個人的な感想も敢えて書きませんがこの作品
の映像を楽しむには3D観賞の方がお勧めです・・・

 

忽然と消えた「ローグワン」のポスターに代わり「ドクター・ストレンジ」が
やって きました。

1月の時点でアナログプレーヤーを出してるメーカーが随分、増えましたね。

オーディオを始めた10代の頃を思い出します・・・

 

モジュラーステレオからセパレートやがてフルコンポに替わり、プレーヤーは

ビクターやら何やら4、5台使ったと思うけど最後はパナのリニアトラッキング 

のSL-10でした・・・

 

いまリニアトラッキングを見かけない様な気がするのは何か問題があったんで

しょうか? カートリッジ交換が出来無いというのは趣味性という観点からは

問題だけど・・・

 

もう一度、再開したい気はあるけどプレーヤーの置き場所や、何よりもレコード

の収納場所の問題もあってもう不可能ですね。 むかしのレコードが残ってれば

やるんでしょうけど・・・ 

 

こういう技術革新のというか新規格が次々に出てくる世界で逆戻りしてレコード

復活というのは本当に目面しいですね。

 

CDという規格自体に無理があったり、アナログの音が見直された所為なのか?

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM